【ネタバレ感想】ノベル『平野と鍵浦』平野先輩も鍵浦くんもとにかく可愛い!

ノベル 平野と鍵浦漫画
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

今回はノベル平野と鍵浦の感想を書いていこうと思います。

いや、大分遅れてしまいましたが。というのも、平野と鍵浦って漫画一巻が発売されましたが時系列的にはこのノベルの後のお話なんですよね。今回は、一巻を読んだ方もまだ読んでいないかたもぜひこのノベルを読んでもらえたら嬉しいです。

以下、ネタバレ内容を含むので注意!

ノベル『平野と鍵浦』の感想

時系列としては、鍵浦が入学して平野先輩のルームメイトになる4月から文化祭が終わる10月までの半年間。小説版としていい出来だったと思います。春園ショウ先生の書き下ろしのイラストや漫画なども掲載されており、とても読みやすかったのでなかなか小説を読む機会がない方でもおススメです。

今まで平野先輩と鍵浦くんのやりとりはおまけ部分にしか書かれていなかったのでどんな出来事が起きているのか気になっていたのですが読んだらめちゃくちゃキュンキュンした!!!!

鍵浦くんの一途な好意に対して平野先輩はルームメイトとして、そして兄弟のような態度で接する。この関係性が同性同士のやりとりの魅力的なところでしょうか。悪くいうと平野先輩が鈍感ってことでしょうか。だって、この関係について気づいている人大量にいますもん……。

真面目で優しくて世話焼きな平野先輩

もう素敵な先輩すぎる。

ちゃんと鍵浦君の悩みに向き合って一緒に対策を考えてくれるところや、後輩が成長できるように接しているのがものすごくかっこいい。これには鍵浦くんもメロメロですね。夏休みに鍵浦くんの実家に行ったときにピアスを貰ったのやばすぎる。表紙でも付けているこのブルー系のピアス。鍵浦君のプレゼントなんですね!萌える。鍵くん呼びも可愛いなー。でも、全く鍵くんの好意は単なる友情だと思っている様子。これからどうなるのかな。

わんこ系後輩の鍵くん

一方、平野先輩の特別になりたいと思っている鍵くん。同級生の新橋くんにノロケてる様子が可愛いし、甘え上手なのも可愛い。平野先輩のちょっとした発言にもひとつひとつ反応するのがすごくいい。

好きかも、の段階だと本人は言っているけれども。しっかりしていて真面目な平野先輩と自分を比べて、自分もがんばらなきゃいけないと思っているのがとても素直。平野さんと会えてよかった、と笑う鍵くんがいいですね。

最後に

世話焼きな先輩と犬系後輩の組み合わせが好きな方はぜひとも読んでみて下さい。ほのぼのした雰囲気でとても楽しめる作品でお勧めです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました