変わりたいと思ってもなかなか変われないときに試してみる3つの方法

紅葉ライフハック
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

今回は自分が変わりたいと思ったときに、どうするのが一番いいのかと考えてみました。

自分を変えるって結構大変だ。

さて、努力して自分を変えるというのは一番いい方法のように思えますがそれにはかなり問題点があると思います。というのも、努力して変われるならそもそも気に病まないということです。つまり、なかなか変われないから悩んでいるわけですね。

それではどうすればいいのか、といったことを具体的に書いていきます。

人間関係を変える。

よく、転職する。趣味を始める、あるいは進学するといった出来事で人間性が変化するというのは多くあると思います。これは、周囲の環境が変化することで人間関係がガラッと変わるからです。自分自身が大きく変わっていないと思っても関わる相手が変わることで自分の新たな一面を知ることが出来るし、自分の評価も大きく変わりうるということです。逆に言うと、自分がコツコツ努力していたとしても、自分の周りの人間関係を変化させないと大きく変わったように自分自身が思えないと感じてしまうと思います。

周囲の環境を変える。

例えば、学生であれば勉強部屋の模様変えや家具を変える。家だったら引越し。会社員であったら、転職や作業環境などでしょうか。恋愛のときだと、デートの場所も挙げられますね。自分の能力が100%発揮できる場所はそのひとによってかなり違うと思います。他人にとってパフォーマンスが良いと思っている環境が自分にとってもいいわけではありません。自分の調子が良くない、と思ったらまずは身の回りの環境を変えるのが手っ取り早い方法です。

今の状態の自分も悪くないなと思う。

大体、自分は変わりたいと思うときには自分にものすごく不安や不満を抱えています。そうすると、今の状態ではダメだ、違う自分にならないと意味がないと考えるようになってしまいます。もちろん、変化したいと思う考え方も重要ですが、プレッシャーを感じすぎた状態だとますます新しい考え方やアイデアが思いつかなくなってしまいます。

ダメな自分は今の状態から抜け出さないと、と感じるのと今の自分も良いけどこういう自分も悪くないぞ、と感じるのとでは同じ変化したいという気持ちでも、雲泥の差だと思います。

まずは今の自分のありのままを受け入れるといったことを大切にしてほしいと思います。リラックスした状態でこそ、良い考えが思い浮かんでくるでしょう。

むやみに自分にプレッシャーをかけないのが大切。

最後に

以上の3つの方法は自分が試してみて結構効果があった方法です。

何かの参考になれば幸いです。それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました