劇場版アニメプロメアのネタバレ感想&評価【燃えて、消す!それが流儀だ。】

アニメ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。さて、今回はプロメアを観てきました。自分はキルラキルが好きなのでどんな映画がみられるのだろうかと気になっていたので早速感想を書いていこうと思います。

以下、ネタバレ内容を含んでますのでご注意下さい。

とにかくバトルが熱い!!!圧倒的演技&音楽&作画!!!

では雑感を。

あらすじとしては、謎の炎(プロメア)を出す人種(バーニッシュ)が現れ、世界が激変した世界。主人公たちは、バーニッシュによる火災やその他の被害を防ぐ部隊に所属しているがある日マッドバーニッシュのボス、リオと出会うが…という内容。

ガロとリオの関係がとてもいい。

一番の感想は、良いバトルが見られて本当に良かった、というところですね。主人公のガロと敵陣営マッドバーニッシュのボス、リオ・クローディアとの熱い関係&共闘がベタベタなんだけど素晴らしい。この二人を演じる松山ケンイチさんと早乙女太一さんの演技がすごい。アニメファンの方にも受け入れられるような演技をしているので、安心して画面を見ていられる。2人で乗るロボットもまたいい。最後には2人のプロメアによって世界を救う。男二人の熱い関係性が楽しめる方は一度見てほしい。自分はかなり萌えました。リオの身体がかなりセクシーでバトル中ドキドキしました。

澤野弘之の音楽が素晴らしい。

とにかくバトルシーンが物凄いのですが、そのBGMが作画に全く負けていない。むしろBGMと作画がうまく組み合わさっている感覚があって鳥肌が立ちました。今BGMを聴くとシーンが目に浮かんできてしまう……!!!

敵役の堺雅人の演技が、面白すぎる!

いや、この演技を見られて本当に映画館に行ってよかったな。堺雅人の渾身の『滅殺開墾ビーム!!!』を見たときは思わず笑ってしまった。クレイがものすごい極悪なんだけど、とてもいいキャラ。楽しかったです。

まとめ:熱いバトルが見たいなら行くべき。

とにかく王道バトルものが見たいなら、見に行ってみた方がいいでしょう。俳優の演技も皆さん大変レベルが高いので、そのあたりが心配なアニメファンの方も安心して見られる作品だと自分は思います。

以上、Matsubaraでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました